コロナ禍の『レトロ住宅内見会』記。「予約制」でもお客様は来て下さる?  HPには屋内外の写真を沢山掲載したけど見てくれる? 感染対策対応はこれで良いのかな? そんな心配を抱えながらコロナ禍初の販促催事を開催しました。結果は?

公開日:

カテゴリー: 未分類


【泉野町レトロ住宅付土地 内見会・販売会】去る、7月18日(土)・19日(日)の二日間に渡り、開催致しました。折から梅雨空が続く天候不順下でした。コロナ感染予防の観点から、ご内見は時間制に基づく「1回一組」様と し、予約にてお受けしました。また、マスク、白手袋はご内見のお客様分をご用意し、消毒液も当然揃えました。商談机は、透明アクリル板で仕切り飛沫防止を図りました。また、エアコンが使えないことから、従来の扇風機に加え「サーキュレーター(新型強力扇風機)」を追加し、暑さ対策としました。更に、94坪の敷地に建つ54坪のお屋敷には、松の木等の樹木が生茂り、やぶ蚊も飛び交います。屋内にはやぶ蚊対策の薬剤器も何台か稼働させました

【予約のお客様は全員来られました】HPには「巣ごもりお客様」用として物件の屋内外の写真を沢山掲載しました。相前後して、広告掲載をしたタウン誌の戸別配布も始まりました。また弊社では独自の「新聞折込チラシ」を作成し、通常はイベント開催初日の朝刊に折り込んでますが、今回は「内見予約制」としたため(木)の朝刊にと繰り上げした。初めての試みです。また、開催日初日の地元紙朝刊にも小さな広告を出しました。この間約一週間余りの間に、弊社のHPを閲覧して下さる方がウナギ登りに急増し、週間閲覧数で史上最高記録となりました。「内見予約」も心配をよそに次々と入ってきました。そして開催日両日、予約をされたお客様が全てご来場されました。昭和のレトロが残る屋内を2階から望まれた多くのお客様は、周囲の緑多い景観にご満足のご様子でした。そして、対象不動産は文教地区でも一段と広い土地ですので、お客様は慎重に検討されるべく、各々の家路へと急がれました。

【縁の下の力持ちに感謝します】先ず何はともあれ、「屋内を内見をされたいお客様が多いです。ご不要家財の片付けをお願いしたいのですが?」との弊社のご提案に快く応じて下さった売主様に心よりお礼申し上げます。そして、梅雨時期の暑い中をせっせと運び出し内外共にキレイにして下さった解体業者様。大規模リフォームを検討されるお客様用に間取図をゼロから作成し、床下、天井、外壁、屋根等を全て調査し『建物調査報告書(インスペクション)』として公正なる第三者の立場で作成して下さった建築士さん。「新聞折込チラシ」の版下をとても見やすくキレイに短時間で作って下さった広告代理店の制作担当の方。両日の、コロナ対策の薬剤やお客様用の駐車場確保に奔走してくれた弊社スタッフ。HPへの写真掲載を何とか間に合わせたいと、非番日も業務をしてくれた弊社スタッフ。近所の方々も温かく見守って下さいました。全ての行きつく先は『お客様が真ん中』ですから。お陰さまでようやくここまで来ることができました。皆様、ありがとうございました。